中古車選びは実際に試乗してから

中古車選びの際によくとられる行動としては実物をチェックしたり、書類などをチェックするという行動です。これらは中古車選びの重要なポイントとなっており行動自体に間違いはないのですが、これ以外にも必要な行動として挙げられているのが試乗です。試乗は販売店によってはできるところとできないところがありますが、書いてあることや見ているだけではわからないことを発見することができますし、実際の乗り心地を体験することが中古車だけではなく新車選びでも重要となっています。そのため、出来る限り試乗できるところを選ぶことが大切になります。

実際に試乗する際のポイントとして、まずはエンジンをかけるところからチェックを始めます。エンジンのかかり具合に問題があれば要注意となりますし、その際に変な挙動があるとさらに注意が必要です。また、エンジン音に関してもチェックしておくべきポイントとなっており、ボンネットを開けてエンジン音を確認するとわかりやすくなっています。そして実際に走行して乗り心地を確認することが大切になりますが、一般道だけではなく出来れば高速道路も走らせてもらうと、それぞれの状態を確認することができます。

また、車内からだけではなく社外からチェックすることができるものとして、排気ガスの色があります。黒かったり音が変な場合は要注意ですが、そのようなトラブルがなかったらその中古車は安心して利用できるということになります。