修復歴のある中古車に見分け方

販売されている中古車の中には、事故後修復された販売されているものが少なくありません。事故を起こしたあと修理しないで売却する人が多いからです。一般に事故車というのは、相場よりも安い価格が設定されているので、欲しかったクルマを格安で購入する場合にはお得なクルマということになります。修復歴があっても、軽微なものであれば、多くの場合は問題なく乗ることができるでしょう。

ただ、中古車店の中には印象を悪くしたくないということから、修復歴を正しく表示しない場合があるかもしれません。事故車を修理したクルマがすべて修復歴ありという表示をしなければならないということではありません。ボディの骨格であるフレーム部分にまでダメージを負って修復した場合にのみ修復歴の表示をしなければならないことになっています。フレームまでダメージを負ってしまうと、クルマに歪みが生じてしまうので注意が必要です。

歪みが生じているかどうかを素人が判断するのは難しいので、やはり信頼のおける中古車店から購入するのが安心です。自分の目で判断する場合は、ドアやボンネットなどのチリが合っているかどうかを見てみると良いでしょう。歪みがあると、チリが合わないことが多いです。また試乗してみることも大切です。

試乗してみて違和感なく乗れるかどうか確かめてみましょう。ハンドルから手を離したとき、クルマがまっすぐに走らないような場合は、修復歴がある可能性があります。