中古車は試乗してから購入する

新車の試乗は広く認知されていますが、中古車も試乗することができます。ただし販売店によっては試乗を断るケースがあります。まず車検が切れている場合です。車検が切れていると、公道を走ることができません。

また試乗したい中古車が保険に入っていない場合もあります。万が一事故に巻き込まれたら、損失した全額を客に払わせることになります。さらに、入庫したばかりだと、完全に整備が行き届いていない可能性が高いです。その段階で試乗されると、不具合が生じて売れなくなる恐れがあるので、試乗を断ります。

これらの事情を明確に示す販売店は信頼できます。しかし明確な理由を持たずに試乗を拒否する販売店は、後でトラブルが発生したときに対応が適切でない可能性があります。中古車の購入の際には、できるだけ試乗するのが良いです。試乗することで乗り心地が分かり、エンジンやミッションの調子を体感できます。

どの程度傷んでいるかを把握した上で、購入を決断します。試乗を希望するときは、事前に販売店に連絡をして許可をもらいます。通常の販売店では、より多くの車を展示するために、隙間なく配置しています。突然試乗したいと申し出ても、何台もの車を移動させることは簡単ではないので、後日再び試乗に訪れなくてはなりません。

また試乗中は事故を起こさないように注意します。運転に不安がある場合は、販売店の人に代わりに運転してもらい、助手席に乗って車の状態を把握します。