中古車の情報は厳選しましょう

中古車を購入する際に必要な情報は要点だけ抑えておけば後悔はしません。大きく分けて・走行距離・車体の色・オーナーの履歴の三つだけで十分と言えます。走行距離ですが、これは少ないに越した事はありません。その分価格が上がりますが、後の修理代やメンテナンス費用を天秤にかけると安く上がります。

しかし、注意点もあります。国産車では10万キロ前後の車、輸入車では6万キロ前後の車です。タイミングベルトの交換時期の車は、あえて1万キロ程距離の多いものを選んだ方が良いと言えます。交換時期が過ぎている車は、ほぼ100%交換されていますが、交換時期手前の車は逆にほぼ100%交換されていないからです。

車体の色ですが、これは次に乗り換える事を想定して選ぶという事です。パールやブラックは下取り価格は高くなりますが、原色や派手な色はマイナス査定になり易い傾向があります。そのまま乗り潰す予定であれば気にする必要はありませんが、そのつもりが無いのであれば、下取りや転売の事も気に留めておく事は重要です。オーナーの履歴ですが、人数は少ない限ります。

オーナーにより運転には癖があり、中古車は知らない内にダメージを負っていきます。人数が多ければダメージも各所に与えられる可能性があるので、なるべくオーナーの履歴人数は気にする様にした方が得策です。もし中古車のオーナー履歴が分からなければ、陸運局で履歴情報を照会できるので確認するのも一つの手です。中古車の情報は要点だけを絞る代わりに、こだわる事が大切です。

中古のトラックのことならこちら