正しい中古車選びと基礎知識

中古車購入を検討する場合、より良い車両を購入しなければいけません。車は耐久消費財であり、中古となると新車に比べて耐久性が落ちることは間違いないです。そのためにも中古車を購入する場合に正しい知識を持っておかなくてはいけません。まずは車種選びです。

車の購入時によくあることですが、最初に選んでいた車種から大きく変わってしまうことがあります。なかなかお目当ての車が出てこないとき、展示車をお値打ちに奨められると、ついその車にチェンジしてしまうことがあります。販売店が展示車の価格を下げる理由は長期在庫であることや下取り車で売りにくいなど様々な理由があるでしょう。中古車を選ぶ第一条件として走行距離が少ないことを重視しましょう。

年式が新しい車でも走行距離が多くては耐久性が落ちます。メンテナンスが行き届いていれば、走行距離が多くても良いと考える人もおられますが、走行距離は耐久性の低下となります。第二のポイントとして相場をチェックしましょう。お目当ての車の相場を調べて購入予算を決めましょう。

第三のポイントはお店の雰囲気と経営状況です。経営が上手くいっていない企業やコストが大きくかかった企業は大きな利益を中古車に付加させるでしょう。近年では、オークションでの落札で中古車を探すという方法で販売するお店もあり、落札価格に一定のパーセンテージを手数料として諸経費を足して明瞭会計で車を販売するスタイルもあるようです。在庫の展示車には大きな利益が乗っているため、予算に合わせて探してもらうのが良いでしょう。