中古車にはメーカー認定車がある

中古車は以前所有していた人が手放したり、売ったりして初めて在庫として存在するため、以前に乗っていた人の乗り方によっては、同じ車種でも状態が全く異なります。さらに、たばこを吸っていたり、ペットを乗せていたり、走行距離が長く、年式は新しいけれど総走行距離数が多いというように、全く状態が異なります。こうしたばらつきが多い中古車をディーラーが買取し、厳しい点検を行い状態が良いものと判断された中古車を認定中古車と呼びます。当然、保証もされるため、安心して購入することができます。

他の中古車販売店よりも高めの値段設定となることが多くありますが、それだけ長く安心して乗ることができるので非常におすすめです。認定車が全て自分の探している車かどうかというのは一概には言えませんが、少なくとも状態が良いのは間違いはありません。信頼できるディーラーが点検を行い、認めた車なので、その後の点検やサービスも受けられます。購入したのに、不具合が見つかったり、後のメンテナンスが受けられないとなってしまってはせっかく欲しい車を購入できたのに、後悔してしまいます。

こうしたことを避けるためにも、それぞれのディーラーが点検、安心を売りにした認定車を選択する方がより長く乗り続けることができます。同じ車種でもメンテナンスが行き届いている認定車は購入後からも安心ができる車と言えます。エンジンルームやエアコンの臭いなど気になる点は購入前に相談すればそういったサービスをしてくれるディーラーもあります。